エイム aka DJ CalpiSのBLOG

エイム aka DJ CalpiSのBLOGです。不定期更新。

2015 アニメ、声優ソング 10選

アニメ、声優ソングはめちゃめちゃ聴いた!ってわけではないのですが
私なりにチェックした中で10曲を選んでみました。
文章を書くのが思いの外時間がかかり、このままだと年を越すぞ!ということで
長文コメント5曲、短文コメント5曲にしてみました。
10曲の中でも特に聴いた!っていう5曲に関して長めにコメントしています。
アニメ、声優の歌だからオタク向けでしょ?ってなめてると、損しますよ!
(今回も個人的な解説、感想が満載です。)
 
○TRUST ME - 宮野真守
作詞:WISE 作曲:TGUGE、jae 編曲:TSUGE
TRUST ME

TRUST ME

 

・J-POPシーンにおけるEDMをEXILEに委ねるなら、アニソン/声優シーンにおけるEDMは宮野真守さんに委ねる以外考えられないと思っています。現在のアニソン、声優ソングは音楽的な流行の影響をほとんど受けずJ-POP以上にガラパゴス的な進化をしていると思います。アニメのOPやED、1分30秒でどれだけ情報量を詰め込めるか、どれだけインパクトを残せるか、というのが重要になっています。となるとBPM早めの打ち込みでわちゃわちゃした感じだったり、疾走感のあるロックだったりになってしまい、それがここ何年かは変わらずという印象です。カップリングやアルバム曲となればその限りではない、はずなのですがどうしても全体的にそんな感じになってしまっています。アニソン/声優ソングシーンがそんな状態の中、一人意図的に新しい音楽をやろうとしているのが宮野真守さんではないでしょうか。2年前にリリースされたアルバム「PASSAGE」で既にドラムンベースやEDMをやっており(本人もそれらのジャンルをしっかりと理解した上で)、音楽的な早さを見せていましたが今年リリースしたFRONTIERでそれらが更に加速した印象を受けました。わかった上でやっているので「やらされている感」みたいなのを感じないというのがこれまた凄いところ。シングルA面にドラムンベースやらEDMを持ってきただけでも感服なのですが、今作には更にTRAPまで取り入れてきました。それが最新アルバムに収録された「TRUST ME」なのです。TRAPとは何ぞやっていう説明は省きますが、クラブミュージックの中ではここ数年メインストリームな位置にあるジャンルだと思います。HIPHOPとかEDMとかと親和性が高い音楽ですね。HIPHOPとかEDMと親和性が高い、なんていう一文だけで声優ソングとしてはあまり類を見ないっていうのが感じられるかもしれません。ジャンルのそういった特性からか歌の方にはラップが大々的にフィーチャーされており、作詞を手がけたのはTERIYAKI BOYZのメンバーとしてもおなじみのラッパー、WISE。本職のラッパーが書いているということでクオリティ的にも問題無し。結構テクニカルな部分もあるのですが、うまく乗りこなしているのは宮野真守さんの自力でしょうか。勝手な予想ですが宮野真守ファンからはそこまで支持はされない曲だろうなーって思っています。ですがこういった挑戦は今後も続けていってほしいなと心から願っています。アニメ、声優ソングで見ると、EDMでもないしょっぱいエレクトロみたいなのが今だに沢山あるのでクオリティの底上げという意味でも今後も楽しみにしたいです。ULTRA JAPANでTRAPがかかると一気に盛り下がったという話を聞きましたが、TRAPのトの字も知らない何千人っていう女の子たちを宮野真守さんはTRUST MEで盛り上げるんですよ?これってものすごく夢のある話だと思いませんか。
 
○lucky train! - るか・もな・みき from AIKATSU☆STARS
作詞:只野菜摘 作曲:中野領太  編曲:Integral Clover(agehasprings)
データカードダスアイカツ!」使用曲およびアニメ「アイカツ!」の4thシーズンED。女児向けゲーム/アニメのアイカツ!ですが曲のクオリティは子ども向けとは思えないくらい非常に高いです。このlucky train!もハウスよりのディスコで、重たいキックにグルーヴィーなベースラインが乗り、きらびやかなストリングスやギターが色を添えています。agehaspringsの色なのか、キックの音色やら配置やらが非常にキチッとしているのでグラブミュージック的な硬質感もありつつ、ベースがうねりまくっているので硬さの中にグルーヴ感も楽しむことができる名曲。MONACAの田中秀和さん作のカレンダーガールやオリジナルスターとはまた違ったアイカツディスコを生んでくれた作家陣には感謝の気持ちを伝えたいです。今年のアイカツ!曲では90’s R&B感が最高な「サマー☆マジック」やピチカートファイブを彷彿とさせる「Pretty Pretty」「恋するみたいなキャラメリゼ」など良い曲が目白押しで枚挙にいとまがないのですが、その中でも突出していたlucky train!をチョイスしてみました。
 
作詞:凡矢辛 作曲、編曲:田中秀和(MONACA)
Wake Up,Girls! 続・劇場版「青春の影」の主題歌。WUG(アニメ全体ではなくグループの方)の曲のほとんどを田中秀和さんが手がけていますが、これは過去曲の中でもトップレベルに良い曲ではないでしょうか。交響曲というだけあってストリングが主体で壮大さを表現しつつ、太いキックと打ち込みのベースも加えることによりダンスミュージックの要素も加わっているので、盛り上がりが重要なアイドルソングとしてもしっかり機能してるのではないのでしょうか。楽曲自体の強度に加え、劇中での使われ方、歌詞のリンク具合、この曲を歌うまでの過程が良かったというのもポイントでしょうか。同じく田中秀和さん作で後編のタイトルにもなっている「Beyond the Bottom」もとても良いのですが個人的には少女交響曲で。2015年は田中秀和という作家の凄さ、恐ろしさを再確認した一年だったような気がします。WUGはまだライブを見れていないのですが、是非とも見たいと思っています。なので今回は単純に楽曲のみでの評価、ということで。劇場版後編の劇中歌としても使用され、来年リリースされるI-1clubの「止まらない未来」がどストレートなフュージョンでかなり良いのでこれもフルで聴くのが楽しみです。こちらはMONACAの広川恵一さん作。
 
○We Are So in Love - 花澤香菜
作詞、作曲、編曲:矢野博康
We Are So in Love

We Are So in Love

  • 花澤 香菜
  • アニメ
  • ¥250

 

・3rdアルバム「Blue Avenue」からの一曲。これまでのアルバムもメロー、アーバン、ポップといった要素が強かったのですが今作はそれらがより一層濃厚になったアルバムでした。中でも矢野博康さんが手がけたWe Are So in Loveは最初に聴いた時にあまりの格好良さに興奮しまくったのを覚えています。爽やかなフュージョンに仕上がったトラックに花澤香菜さんの柔らかな歌声がマッチしまくっててもう言うことがないです。アニソンや声優ソングはトラックがごちゃごちゃしていて主役は歌なのかトラックなのかわからない曲っていうのが多々あるのですがこの曲は花澤さんの歌とトラックのバランスが丁度良いと思います。この人の雰囲気や声質は派手めな曲よりもメローな曲にマッチにしますね。矢野さんと声優の組み合わせですと三森すずこさん、平野綾さん、牧野由依さん(10選に入れております)、中島愛さんなどがありますが全てクラシック級の曲ばかり。2016年も声優×矢野博康の組み合わせが見れることを期待しております。
 
○永遠ほどじゃなくても - 飯田里穂
作詞:畑 亜貴 作曲:成本智美 編曲:都鳥学
永遠ほどじゃなくても

永遠ほどじゃなくても

 

・今年リリースの声優R&Bではダントツでこれ。まあ声優R&Bなんて滅多にないんですけどね。今っぽいEDM寄りのR&Bではなくモコモコした音質のドラムな90’s R&B風というのがまた良いですね。初回盤にのみ収録のHello Brand-new Girlも、80’sアイドルソングっぽさがあり素晴らしい。飯田里穂さんはちょっと古くささを感じる80's、90'sの曲がよく似合うのかもしれませんね。「rippi-rippi」は「Blue Avenue(花澤香菜)」「タビノオト(牧野由依)」と共に、高速化の一途をたどるアニメ、声優ソングとは別ベクトルで攻めてきた良盤ではないでしょうか。来年リリースのシングル「KISS!KISS!KISS!」もエレクトリックなファンクで最高な模様。あと、「rippi-rippi」って1stアルバム扱いで良いんですかね?
 
以下、長いコメントは付けないけど素晴らしかった声優、アニメソング。
○DREAMS, Count down! - sphere
作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:Kon-K
DREAMS, Count down!

DREAMS, Count down!

  • スフィア
  • アニメ
  • ¥250

 

・久々にsphereのシングルで気に入った曲です。sphereにはありそうであんまりなかったBPM110台前半のグルーヴィーなダンスチューン。Kon-Kさんは今後要注目の作家ですよ。
 
○MONSTER GENERATiON - IDOLiSH7
作詞:真崎エリカ、作曲、編曲:kz(livetune)
・私のソシャゲ童貞を奪ったアイドリッシュセブン。kzさん作の他にも元SOUL’d OUTShinnosukeさん作の曲があるなど曲のクオリティが他の男性アイドルゲームと比べると抜きん出ているように思えます。
 
○ワールドツアー - 牧野由依
作詞、作曲、編曲:矢野博康
矢野博康さんがトータルでプロデュースしたアルバム「タビノオト」、全体を通してあたたかくて優しい雰囲気があって本当に素晴らしいです。特に矢野さんが作詞作曲編曲全てを手がけたワールドツアーは今年の女性声優曲の中でもトップレベルの出来。
 
○君の瞳の Moonrise - 地場衛 (野島健児)
作詞:こだまさおり 作曲、編曲:大森俊之
君の瞳のMoonrise

君の瞳のMoonrise

 

セーラームーンCrystalのキャラソンアルバムに収録の一曲。年齢の割には随分と大人っぽい地場衛にピッタリのアダルトなアーバンジャズファンク
 
Shall we dance? - SolidS(里津花&大)
作詞、作曲、編曲:じょん
・男性声優ディスコ枠です。(今年意味もなく言っていたワード)「じょん」という作家の凄さを思い知らされたSolidSのミニアルバム。来年もSolidSのリリースが沢山あるみたいなので楽しみですね!
 
10選ってことでしたがどうしてもの1曲!
 
○SIX SAME FACES〜今夜は最高!!!!!!〜 - イヤミ feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松 (cv.鈴村健一櫻井孝宏中村悠一神谷浩史、福山 潤、小野大輔入野自由
作詞、作曲、編曲:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~

SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~

 

・今更ここで紹介する必要もない気がしますがこの格好良さ、どうしても外せない!予想通りというかなんというか女性ファンに大人気なおそ松さんのEDソング。主役の六つ子は喋ってるだけ、サビを歌うのはイヤミ役の鈴村健一さんっていうのがまた面白い。ギャグアニメの曲だしネタっぽくも聞こえますがテクノボーイズ作のディスコサウンドが本当に格好良い。おそ松さん好きの人はどの“松”を推すかっていう感じみたいですが、この曲に関しては私はテクノボーイズ推しで。CDのみ収録のテクノボーイズver.だとアレンジが若干変わっており更に格好良さが増しているので是非CDでチェックを。もう聞いたよ!っていう人もtwitterでテクノボーイズが楽曲解説をしていたのでそれを見てから聞くとまた違った楽しみが出来ると思いますよ。
 
という感じです。今回も長かった …。全曲コメント書いていたらどうなっていたか…。 
入っていないけど良かった曲はもっともっとありますよ!
OPやらEDやらの所謂タイアップ曲が少ないですが、別にそこにこだわる必要はないですしね。むしろタイアップだノンタイだなんて気にして曲聴いてたら随分と損しますよ?ってのをわかっていただければと。
ここに書けなかった男性声優曲に関しては別に機会にでも書きたいと思ってます。
 
日本語曲に関しては今回で終了です。
いかがだったでしょうか。日本の曲も格好良い曲たくさんあるんですよ。
よく聞いたクラブミュージック10選も書きたいと思っていますが、
それは来年に持ち越しということで。
 
2015 日本語ラップ 10選はこちら

 

2015 J-POP 10選はこちら