エイム aka DJ CalpiSのBLOG

エイム aka DJ CalpiSのBLOGです。不定期更新。

Are You Happy?ってHappyに決まってるでしょ!

最近は良いリリースが多く、DJで使いたい、ブログで紹介した曲が沢山ありますが

とにかく先に紹介しておかないといけないアルバムがありまして。

レビューするほどの知識も文章力もないのでただ感想を書き記すだけになりますが

素晴らしいアルバムだったのでその魅力を少しでもお伝えできればと。

 

さて、今回紹介するのは10月26日に嵐がリリースした15枚目のオリジナルアルバム

『Are You Happy?』です。これが本当に素晴らしいアルバムでした。

SMAPが今年いっぱいで解散、SMAPの代わりとなるグループはいるのか?と

なった時に『嵐』と答えざるを得ないくらいの出来といっても過言ではない、

それくらいのアルバムでした。嵐が新しいクラシックを生み出しましたよ。

 

嵐、好きなグループではありましたがどうもいまいち乗り切れない所がありました。

一番の理由はここ数年でリリースしたアルバムがあまりピンとこなかったということ。

もちろん曲単位では好きなものもあるのですがアルバム通して好きか、と言われると

おもわず考え込んでしまういうな感じでした。『Japonism』も『 THE DIGITALIAN』も

悪くはないけど特段好きってわけでもないというのが率直な感想でした。

シングル曲も2014年リリースの『Bittersweet』くらいしか個人的には引っかからず。

 

まあ、アルバム曲で一、二曲いいのあるから気が向いた時にチェックすればいいやー

って思っていた矢先にリリースされたのが『復活LOVE』です。 

あまりの衝撃に私もおもわずブログを書いてしまいました。

aimcalpis.hatenablog.com

 

今思えばこの曲が『Are You Happy?』の方向性を決めたのかなと。

次のシングルの『I Seek』もジャニーズディスコ王道な感じだったので

『この感じだったらアルバム面白いことになるのでは?』という予感が。

そして満を持してリリースされた『Are You Happy?』はその予感通り、

いやそれ以上の作品に仕上がっていました。

 

『復活LOVE』も『I Seek』もディスコやソウル、ファンクといった

ブラックミュージックが土台になっていますが今作はアルバム全体の土台が

ブラックミュージックと近年ではEDMに代表されるような

エレクトリックなダンスミュージックの二つで構築されています。

嵐の音楽でブラックミュージックというのは非常に重要な要素です。

これまでの楽曲でもそのエッセンスは各所に散りばめられてきました。

ここ数年で出たアルバムの中ではもっともそういった要素がフィーチャーされていて

そう考えれば『Are You Ready?』はより“嵐らしい”アルバムなのだと思います。

 

一曲目の『DRIVE』が爽やかでアーバンなディスコチューン、

二曲目がオーセンティックなジャニーズディスコ『I Seek』、

三曲目が大野くんのソロパートが最高に格好良い

今作で一番“黒い”ファンキーチューン『Ups and Downs』という

アルバムど頭三曲が完全にこのアルバムの色を表しています。

私もこの流れにはもう『参った!』と頭を抱えてしまうほどでした。

マッチオマージュ?の歌謡曲チューン『青春ブギ』、

櫻井くんソロの『Sunshine』(ポップなのに間奏でEDMっぽくなる怪作!)を挟み、

ここで今作の中心『復活LOVE』が登場するわけです。

 

ここから大野くんソロのEDMチューン『Bad boy』やら

二宮くんソロのダブステップチューン『また今日と同じ明日が来る』、

グリッジホップ的な『Daylight』などのエレクトリックなゾーンに入ります。

こういった曲も一ブロックにまとまっているのでゾーンとして楽しめます。

 

このアルバムの中では異質に聞こえるシングル曲『愛を叫べ』を挟み、

松潤ソロ『Baby Blue』で再びファンキーでポップなゾーンへ。

この『Baby Blue』も今作のハイライトのひとつですね。

大阪のヒップホップバンド韻シストが手がけた『To my homies』、

嵐流Up Town Funkの『Don't You Get It』と最後の最後まで気を抜かない流れ。

さらに通常盤ではムーディーなスローチューン『TWO TO TANGO』が。

流れ的には『Don't You Get It』で一区切りでおかしくはないのですが

『TWO TO TANGO』も最高に格好良いので必聴です。

 

嵐のアルバムでこんなに満足したのはいつぶりでしょうか。

ジャニーズという括りなしでも今年ベスト級のアルバムでした。

不満をいえば大野くんのソロをEDMにしたことくらいですかね。

大野くんのソロこそブラックミュージックにすべきだろ!と。

 

男性アイドルではCUBERSのPLAYLISTがダントツかなーと思っていましたが

ここで嵐がメジャーアイドルの凄さをまざまざと見せつけてきました。

いやしかしほんとね、嵐すげえよ!

 

最後に、アンオフィシャルですが視聴動画があったので貼っておきます。

www.youtube.com