読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイム aka DJ CalpiSのBLOG

エイム aka DJ CalpiSのBLOGです。不定期更新。

復活LOVEがすごかった

J-POP

嵐の新曲「復活LOVE」が各所で話題を呼んでいる、気がします。

作詞を竹内まりや、作編曲を山下達郎が出がけているという話題性、

話題性だけで終わるわけがない高クオリティな楽曲。

これだけで判断するなんていうのはあまりに軽率、とわかっていても

SMAPのごたごたが未だ解決していない状況だと

いよいよ嵐がジャニーズを代表するグループになってくるのか?と

思ってしまうような出来でした。それくらい素晴らしいです。

 

軽快、かつファンキーなギターのカッティングから始まり

ストリングス、ホーンが入ってくるところでもう降参ですよ。

しかも嵐のボーカルが入ってくる前に山下達郎のコーラスが聴けるという

超絶ゴージャス仕様。嵐の歌も山下達郎の歌い方そのまんまですね。

ここまでくるともう山下達郎歌唱でリリースした方が良いんじゃないかと思いますが。

 

公式でも「一編の小説のようにドラマティックなラブソングで、

何度聴いても飽きることなく、時代を超えて聴き継がれていく名曲が、

また一つ嵐のレパートリーに加わった。」なんて言っています。

いやいや公式がそこまで言うかいと思っていたのですが確かにそうかも。

これまで山下達郎がジャニーズに曲提供してきたのを振り返ってみると

マッチの「ハイティーン・ブギ」、少年隊の「湾岸スキーヤー」、

キンキの「Kissから始まるミステリー」、「硝子の少年」、

ジェットコースター・ロマンス」などなど名曲ぞろい。

それぞれの代表曲といっても過言ではない曲ばかりです。

 

今作は山下達郎竹内まりや夫婦の共作となったわけですが、

ジャニーズ提供曲としてはおそらく初で、そもそも共作曲というもの自体が

そんなに数があるわけでもないようです。となるとかなり貴重な一曲になるのですね。

 

そんな素晴らしい表題曲なのですが、それだけで終わらなかったのが嵐の凄さ。

私が聞いたのは通常盤に収録された4曲なのですが全曲素晴らしいという事件。

いくらジャニーズとはいえ、収録曲全部がいいなんていうのはほぼほぼなくて、

記憶に残っているものだとSMAPの「華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ」が

カップリングのtofubeatsリミックス込みで全曲良かったくらいです。

グリッチホップ的な「愛のCollection」、スウィングジャズな「Bang Bang」、

ジャズファンクな「Are you ready now?」と復活LOVEに合わせたかのごとく

ファンキーでアーバンなダンスチューンでした。全曲格好いい!

初回盤に収録の曲はまだ聞いていないのですが、これにも期待が高まります。

復活LOVEも素晴らしいですが、是非ともカップリングも聞いてもらいたいですね。

 

個人的には嵐のシングル表題曲ってあんまり好きな曲がなくて、

どちらかというとカップリングやアルバム曲の方が好きな曲が多いです。

しかし今作は久々の表題曲でのヒットですね。

これからしばらくJ-POPイベントでは必ずかかる、くらいになりそうですね。

アワイロランデブーでも誰かがプレイするのではないでしょうか!