エイム aka DJ CalpiSのBLOG

エイム aka DJ CalpiSのBLOGです。不定期更新。

2016 アニソン・声優ソング 10選

日本語ラップ編、J-POP編からだいぶ時間がかかりましたが、

今回は2016年の年間ベストアニソン・声優ソング編です。

2016年にアニソンでDJしたっていうのは1、2回って感じですが

音源はちょこちょこチェックしていたのでその中から選びました。

それではどうぞ!全曲試聴&コメント付きです!

 

・たまきとゆみね(CV:長縄 まりあ・前川 涼子)/ヨナカジカル

ヨナカジカル

ヨナカジカル

  • たまきとゆみね(CV:長縄まりあ・前川涼子)
  • アニメ
  • ¥250

 

アニメ『ステラのまほう』のED。一聴して『なんじゃこりゃ!』と衝撃を受けた一曲。アニソンには殆ど見られなかったフューチャーベースを土台としており非常に“今”っぽい曲です。作曲編曲を手がけたのは誰だ!?と思ったらR・O・Nですよ。まさかこういう引き出しもあったのかとかなりビックリです。アニソンっていうのは音楽のトレンドなんて全く関係の無い独自な世界、っていう認識でいたのでこういうサウンドが出てくるとは予想していませんでした。長縄 まりあさん、前川涼子さんの歌唱もあまり主張せずトラックに馴染んだ、良い意味で素材として機能しているような印象です。そういう部分もフューチャーベースっぽいなと。新しい音楽を追っている人たちに何の情報もなしに聴かせてみたいなーとも思ったり。

 

・ギャラクシー・スタンダード (宮野真守, 平川大輔, 江口拓也, 鈴木達央, 小野友樹, 豊永利行)/Be My Steady

Be My Steady

Be My Steady

 

アニメ「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」のED。今年も男性声優曲はちょこちょこ追っていたのですが多分一番聴いたのはこれかなーと。作詞は大森祥子、作編曲は2016年大活躍のR・O・Nによるドラムンベースチューンです。とにかR・O・Nのアレンジが凄すぎるんですよ。ドラムンベースやらEDMっぽいアニソンなんて今となっては全く珍しくないんですが、エレクトロ感の中にブラックミュージックのグルーヴを取り入れてくるのがR・O・Nの格好良いところ。今作も歌が入っているところは派手めなドラムンベースなのにブリッジ部分はメローなエレピが鳴り響くR&Bっぽく変化します。緩急のつけ方も上手い。そして歌唱を担当する声優陣の豪華さ。今の男性声優界を牽引する面々が揃っています。普段からハイクオリティなダンスミュージックを歌っている宮野真守さんとドラムンベースの相性の良さは言わずもがな、この曲は豊永利行さんの格好良さに尽きるのではないでしょうか。サビ部分にある豊永さんソロパートの伸び、最高じゃないですか?ハイトーンボイスがいっきに突き抜ける気持ち良さ、たまらないですね。この曲だけでも最高なのにカップリングの『RUSH』『You're My Courage』も凄く格好良くてシングルとして完璧な一枚です。

 

・AIKATSU☆STARS!/episode Solo

www.youtube.com


2016年4月にスタートした『アイカツスターズ!』の初代ED。3年半続いたアイカツ!が終了し世界観が一新、でもアイカツ!の冠は付いている、さあ一体どうなるんだと思っていたらこのEDですよ。もうね最高。アイカツ!作品の名曲請負人、只野菜摘&石濱翔(MONACA)による新たなアイカツ!クラシックが誕生しました。アイカツ!時代に『KIRA☆POWER』や『永遠の灯』あたりでもエレクトロサウンドを取り入れてきましたが『episode Solo』は完全にEDM。これまでのアイカツ!にはなかったEDMサウンドで攻めの姿勢が伺えます。オープニングの『スタートライン!』が新人のせなさんとりえさんコンビで割とスタンダードなアニソンって感じだったので『episode Solo』の尖り具合が際立ちます。さらに劇中歌で今作の『アイドル活動!』『Let’sアイカツ!』に位置する『アイカツ☆ステップ!』は『Pretty Pretty』を手がけたconnieさんによるモータウンビート曲でこれまた最高!4月から2年目に突入するアイカツスターズ!、もっともっと良い曲をお願いします!

 

Mia REGINA / THAT'S A FACT! 〜千里の道も一歩から〜

www.youtube.com

この曲に関してはアニソンでも声優ソングでもないのですが…。ディアステージ所属の霧島若歌、上花楓裏、ささかまリス子によるユニットMia REGINAの1stアルバム『THAT’S A FACT!』収録。作詞はメンバーのささかまリス子、作編曲はMONACA田中秀和。このメンバーにMONACA田中さんといえば言わずもがなアイカツ!を連想するわけです。霧島若歌さんはわかとしていちごちゃんの、上花楓裏さんはふうりとしてあおい姉さんとセイラちゃんの、ささかまリス子さんはりすことして美月さんの歌唱を担当しておりアイカツ!の歌を初期から支えています。そんな三人が田中さんの歌を歌う、ともなればアニメ界に燦然と輝くクラシック、『カレンダーガール』や『オリジナルスター☆彡』を連想してしまうわけですよ。どんな曲なのかなーと思っていたらなんと、ファンクですよ!インタビューを見ると曲のオーダーの際に『カレンダーガール』や『オリジナルスター☆彡』の名前も上がっておりその上で『泥臭いファンクを』ということだったようです。田中さんは『ジミヘンコードを多用した。』とも仰っており、アイカツ!曲にあるようなキラキラした可愛らしさは抑えめでよりアーティスティックな方向でのアレンジになっています。アルバムの他の曲はBPM早めの曲が多く所謂アニソンって感じの曲ばかりなのでこの曲の存在感っていうのかなり大きいです。Mia REGINAの三人に田中秀和さんの組み合わせ、外しなしですね!

 

・I-1club/止まらない未来

www.youtube.com

映画『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』の劇中歌として使用されたWUGのライバルグループI-1clubの新曲。WUGの楽曲はMONACA作家陣によるハイクオリティなものが多く、非常に魅力的なのですがその中でもこれは非常に私好み。WUG作品ではおなじみMONACA広川恵一氏によるフュージョンでこれまでのWUGにはなかったサウンドです。これまでの楽曲のような派手さはないのですが、爽やかさの中にI-1の力強さを感じる良曲です。この曲は歌詞もすごく良いんですよね。この曲から広川恵一さん作のファンキーなバンド曲が何曲か発表されているのですが、全て格好良くてさすが!って感じです。WUG関連では、エレクトロポップの中にフューチャーベースなコード感やドラムのプログラミングを感じる藍ちゃんのキャラソン(作編曲は村カワ基成さん!)『ヒカリキラリミルキーウェイ』、キャラソン集第2弾のカップリングにそれぞれのバージョンが収録された『HIGAWARI PRINCESS』(これも広川さん作!)なども良かったです。先日新章が発表されたWUG、ヤマカンが抜け、キャラデザが変わり、音楽制作にDIVE II entertainmentが加わるなどこれまでとは体制が大きく変化しています。一体どうなるのでしょうか。舞台で披露されたというMONACA広中さん作のWUG新曲とMONACA田中さん作のI-1club新曲が相当やばいとの噂なのでリリースしてほしい!

 

牧野由依/ウイークエンド・ランデヴー

 

再び矢野博康氏とタッグを組んだ牧野由依さんのシングル。前作『タビノオト』のリリースイベントの際に「また矢野博康さんと曲を作ってください!」と牧野さんに言ったことが早くも実現して勝手に一人で喜んでいました。牧野由依さんらしいポップで柔らかいのが特徴的。『ウイークエンド』もしくは『ランデヴー』とタイトルに付く曲は名曲、という持論がありますが今回はどちらも付いており当然のことながら文句無しの名曲でした。

 

竹達彩奈/Hey! カロリーQueen

www.youtube.com

アニメ『だがしかし』のED曲。「竹達彩奈にHey! カロリーQueenなんて歌わせるのかよ。」って笑っていたらとにかくキャッチーでさらにはグルーヴィーな良曲でした。作詞作曲編曲全てを手がけたのはやしきん。この人はなんでこんなにもキャッチーな曲を作るのが上手いのでしょうか。BPM150後半とアニソンの中ではちょっと早めで、Bメロからサビの高速スラップがたまらなく格好良いです。私の好みとしてはBPM100前後、もしくは130前後の曲が好きになる傾向があるのです、結構珍しいですね。それくらいのインパクト。

 

IDOLiSH7/perfection Gimmick

Perfection Gimmick

Perfection Gimmick

 

 スマホゲーム『アイドリッシュセブン』に登場する主人公ユニットIDOLiSH7の曲。2015年はアイドリッシュセブンにどっぷりとはまっていましたが2016年もたくさん楽しませてくれました。アイナナの2016年の大きなトピックとしてはIDOLiSH7の1stアルバムリリースではないでしょうか。これまでリリースされてきた曲はもちろん、フル尺初収録が数曲、さらには未発表曲も収録とIDOLiSH7のここまでの集大成とも言えるアルバムです。『perfection Gimmick』は第二部で一番最初に解禁される新曲。ここから先のストーリーに大きな期待を抱かせるこの曲が新曲一発目で文句無し!って感じでしたがそれから発表された新曲達がどれも良い曲でした。第二部のキー曲である『RESTART POiNTER』、ライバルグループTRIGGERが歌ったハイブリッドダンスミュージック『Last Dimension~引き金をひくのは誰だ~』、シャッフルユニットで歌ったエロティックディスコチューン『LOVE&GAME』など素晴らしい曲ばかり。今回は『perfection Gimmick』をピックアップしましたが正直どの曲もおすすめです。スマホゲームの曲はすべてチェックできてるわけではありませんがアイナナほどクオリティが高い曲をリリースし続けるゲームはそうそう無いのでは?第三部、アニメ化などまだまだ展開が予定されているアイドリッシュセブンに2017年も目が離せません!

 

・Jupiter (寺島拓篤, 松岡禎丞, 神原大地) & W (山谷祥生, 菊池勇成)/カレイドTOURHYTHM

www.youtube.com

THE IDOLM@STER SideM 2nd ANNIVERSARY DISC 03に収録。シンセの音色、コード感、声ネタなど、フューチャーベースからの影響が色濃く感じられる一曲です。世の中のトレンドを完全に無視、もしくはかなーり時間が経ってから取り入れるでおなじみ(?)の男性声優曲ですがここまでトレンドを取り入れた楽曲はかなり珍しいなーと思います。DJでもこっそり使っています。

 

・花小泉杏 (花守ゆみり)/なるまるまーる

www.youtube.com


あんハピ♪ 』のキャラソンシリーズ第一弾に収録の一曲。作編曲はMONACA田中秀和さん。とにかく『あんハピ♪』はOP、EDをはじめすばらしい楽曲揃いであれもこれも挙げたいところなのですが一番ぶっ飛ばされたこちらをチョイス。花守ゆみりさんの歌唱がもう最高すぎるっていうのが第一なのですが、MONACA田中さんのトラックもまたすばらしい!特に間奏での花守ゆみりさんの声をこれでもかと切り刻んだボイスカットアップからのジャージークラブパート!ここでジャージークラブをぶっこんで来るとは全く予想していなかったのでぶち上がりましたね。MONACA田中さんの2016年の仕事の中でもトップレベルの怪作ではないでしょうか!

 

とうぜんのことながら簡単に10曲には収められず今の今までかかりました…。

あれも入れたかったこれも入れたかったって感じなので現場もしくMIXで!

ということで以上で2016年の年間ベスト終了です!時間かかったな…。

番外編として『2016年ベストプロデューサー』っていうのも書こうかと思っています。

これは時間があるときに。